呉支部研修会

日 時:令和元年12月3日(火) 13:20~17:00
会 場:呉阪急ホテル
参加者:会員・従事者61名
テーマ:1.気象災害と防災への心構え ~家族と住まいを守るために~
     気象予報士/半井小絵
    2.原状回復と敷金精算 ~民法改正と不動産業
     (公財)日管協法務委員長/関 輝夫
コメント
 呉支部研修会、第1部の講師は気象予報 
士の半井小絵氏です。自己紹介を交えな
がらNHK気象キャスター時代のお話で
は、その日によって変わる持ち時間に合
わせ、分かり易く正確な天気予報を伝え
ようとされる気象予報士としての姿勢が
胸に響きました。又、近年の災害状況を
その時の気象データや地勢を使って説明
され、地勢によって雨が集中する地域
や、地滑りの起こりやすい地質の地域が
あることが分かり、不動産を扱う者とし
てその土地の特性等にもっと見識を深め
なければと痛感しました。       
 第2部は千葉県で不動産業を営まれて  
いる関輝夫氏です。不動産業における賃
貸仲介業務と賃貸管理業務を区別し、早
くからプロパティマネジメントに取り組
んで来られた方です。関氏は体験談や、
来年の民法改正に伴い契約書と特約事項
が更に重要になる話等、身近で役立つ話
が多くとても勉強になりました。
 そして長年、試行錯誤を繰り返し作成
された多くの資料や、培ったノウハウを
惜しげもなく提供して下さいました。
 半井氏、関氏の貴重なお話を聞くこと
ができ、とても有意義な研修会でした。

執筆者:呉支部総務財務委員 伊藤宏行